研究員
基礎科学部門
  • 部門長・ 教授
  • 大山 健
  • 所属
  • 基礎科学部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 素粒子・原子核物理,計測技術,計算機科学,高エネルギー物理実験 ATLAS実験
  • 研究内容
  • 量子色力学によれば,通常の物質のもととなるハドロンは,超高温(~150MeV)ではクォークやグルーオンが閉じ込めから開放され,自由に振る舞うような極限物質「クォーク・グルーオン・プラズマ(QGP)」に相転移すると予測されている。宇宙初期状態も同様の状態であったと考えられる。本研究では,CERN(欧州合同原子核研究機構)にあるLHC(大型ハドロンコライダー)のALICE実験に参加し,原子核同士を準光速で衝突させQGP生成を行い,その性質を測定する。大規模物理学実験においては,高度な計測技術と電子回路技術,および情報処理技術が欠かせない。FPGA,CPU,ネットワーク技術を駆使することで,検出器からの毎秒1テラバイトを超えるビッグデータを処理可能な高度計算システム(HPC)を開発し,QGPの測定を目指す。
  • 副部門長・ 教授
  • 加藤 貴
  • 所属
  • 基礎科学部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 分子電子工学,物性物理学,理論化学,量子化学,物性物理学
  • 研究内容
  • 高機能電子デバイスの研究開発実現を目指す上で理解が不可欠な物性(電気伝導性,磁性,光物性,超伝導性)を解析する等,幅広く物性物理学の研究を行っている。例えば超伝導体とは一般に非常に低温で電気抵抗がゼロになる物質である。室温での実用化のための高温超伝導体の開発を目指した研究は,その学術的な視点のみならず社会にも及ぼしうる重要性から,世界中で活発に行われているが,室温での実用化は未だに実現されていない。この背景により,ナノサイズ分子性物質を中心に,超伝導性発現機構の解明あるいは高温超伝導の設計指針の提案を目標とした教育・研究を行っている。
  • 特命教授
  • 濱垣 秀樹
  • 所属
  • 基礎科学部門, 量子計測科学寄付研究部門,長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 高エネルギー原子核物理実験、量子計測技術
  • 研究内容
  • この宇宙における通常物質の大部分はハドロンと総称されるものからなる。
    陽子や中性子もその一員であるハドロンはクォークを構成要素とする複合粒子である。
    基本粒子のひとつであるクォークは、グルーオンを媒介子として強い力により結びついている。ちなみに、強い力を記述するのが(4つの)基本相互作用の一つである量子色力学である。
    通常の状態ではハドロン中に固く閉じ込められているクォークであるが、超高温(2兆度ほど)状態において、相転移(QCD相転移)によって閉じ込めから開放されることが予想されている。そのような新しい物質状態をクォーク・グルーオン・プラズマ(QGP)と呼ぶ。
    そのような極端条件を実験室において実現するためのユニークな方法が、高いエネルギーに加速した重いイオン(金、鉛等を正面衝突されることで、そのような研究が欧州CERN研究所LHC加速器を用いて行なわれている。
    本研究部門は、LHC加速器のALICE実験において、QCD相転移及びクォーク・グルーオン・プラズマ状態の物性を高精度で調べる研究を展開する。さ て、このような研究を先進的に展開するためには、最新鋭の検出器、高速データ取得システム、取得データの高速処理のためのハードウエア及びソフトウエアについての開発が欠かせない。本研究部門では、最新鋭の光量子検出器の基礎的開発・データ処理技術開発を軸に研究を進める。
    これらの研究から得られるであろう成果は、基礎科学研究ばかりでなく、実社会における、例えば非破壊検査等への技術応用が可能であると考えられており、実用化を重要な課題として研究を展開する。
  • 所長・ 教授
  • 田中 義人
  • 所属
  • 基礎科学部門, 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • IoTおよび組込みシステム,集積回路システム,計測物理学,電力エネルギー・医療分野におけるICT融合化技術に関する研究, ICT街づくり, 高エネルギー物理実験 ALICE実験
  • 研究内容
  • 無線通信,組込みシステム,集積システム,ICT技術をエネルギー分野,スマートウェルネス分野,IoT分野で応用する研究開発を行っている。これまで,素粒子,原子核物理分野では,集積回路やフロントエンドエレクトロニクスの開発を行ってきた。現在,CERNにおけるALICE実験に参加し,次世代データ収集システムの開発を協力している。緑の知の拠点事業など各種大型プロジェクトの代表を務めてきた。
  • 教授
  • 下島 真
  • 所属
  • 基礎科学部門, 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 高エネルギー物理学,データ収集/解析システムの開発・構築,素粒子物理実験用の新しい検出器の開発,高エネルギー物理実験 ATLAS実験
  • 研究内容
  • 高速ネットワークを用いた高エネルギー物理学実験データ収集装置・データ解析装置構築の研究を行なう。数台から数十台のPCを効率よく動かすために必要なネットワーク技術(例えばIPマルチキャストやQoS,ファイバーチャンネルを使った共有ファイルシステムなど)の基礎研究を行なう。最近,RFID/無線ICタグやZigBeeなどの無線通信機器を用いた組込みシステムの研究も始めている。
  • 教授
  • 澁佐 雄一郎
  • 所属
  • 基礎科学部門, 長崎総合科学大学
  • 研究分野
  • 素粒子理論,数理物理
  • 研究内容
  • 一般化された不確定性関係に基づいた場の理論。
    行列模型などのM理論を使った4次元宇宙の生成。
  • 特任教授
  • 杉原 敏夫
  • 所属
  • 基礎科学部門, 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学工学研究科教授、長崎大学経済学部名誉教授
  • 研究分野
  • 経営情報分析,データマイニング,環境構造変化に適応する需要分析システムの研究,イノベーションの喚起を意識した意思決定支援システムの研究,経済物理学
  • 研究内容
  •  帰納的な分析アプローチによる科学的意思決定の実証と評価を目的とする。内容としては,多変量解析,時系列分析及を中心とする推定・予測と構造の検出などの方法の系統的な適用を主とする。
  • 本学名誉教授
  • 奥野 公夫
  • 所属
  • 基礎科学部門, 長崎総合科学大学名誉教授
  • 研究分野
  • 高電場顕微鏡法による半導体-金属界面反応過程,ダイヤモンド初期成長過程とプラズマガス-基板相互作用
  • 研究内容
  • -
  • 准教授
  • 長 良夫
  • 所属
  • 基礎科学部門, 長崎総合科学大学
  • 研究分野
  • -
  • 研究内容
  • -
  • 准教授
  • 上野 誠司
  • 所属
  • 基礎科学部門, 工学部共通教育部門言語
  • 研究分野
  • -
  • 研究内容
  • -
  • 准教授
  • 繁宮 悠介
  • 所属
  • 基礎科学部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 進化生態学,保全生態学,頻度依存選択による遺伝的多型の維持機構,視覚利用探索における知覚の鋭敏化と訓化がもたらす発見パターンの変化,動物における体色の色彩多型維持機構の研究,動物における形態の左右非相称性の進化機構の研究
  • 研究内容
  •  生物の多様性を生み出す進化のメカニズムを実験により解明することを試みる。また,自然景観の保全に向けた生態系の調査を行う。現在の研究対象は,貝類およびクモ類の色彩多型の進化メカニズム,カニ類のハサミ脚に見られる左右性の進化メカニズム,棚田における環境保全型農業である。
  • 助教
  • 市瀬 実里
  • 所属
  • 基礎科学部門, 長崎総合科学大学
  • 研究分野
  • 視細胞における光遺伝学的再生医療に関する研究,LD・発達症における遺伝的素因に関する研究,学習症モデル生物の検討
  • 研究内容
  • -
1 / 212

PAGE TOP