研究員

研究所全員
  • 特命教授
  • 黒川 不二雄
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 大学院工学研究科
  • 研究分野
  • 電子回路,パワーエレクトロニクス
  • 研究内容
  • 高速ディジタル制御アルゴリズムおよび回路の開発研究として,高周波で動作するDC-DCコンバータ等の電力変換器のディジタル制御のためのアルゴリズムおよび回路方式を開発し,コンピュータ用電源,LED照明,電気自動車の充電器等へ応用している。
    また,衛星のエンジン制御システムの開発研究では,衛星の電気推進ためのホールスラスタエンジンの制御を機械学習による駆動システムで行っている。
  • 特命教授
  • 梶原 宏之
  • 所属
  • 海洋・複合新技術部門,
  • 研究分野
  • 研究内容
  • 特命教授
  • 山邊 時雄
  • 所属
  • 環境・エネルギー部門, 新技術創成研究所
  • 研究分野
  • 物理化学,量子化学,分子電子工学
  • 研究内容
  • 近年の半導体電子工学は、ケイ素、ゲルマニウムのほかに、炭素を主な材料として取り扱うようになり、又その大きさもミクロンから名のサイズに及び、新しい分子電子工学と呼ばれる分野に広がっている。この方向に沿って、新しい名のカーボンの電子物性に関する研究を理論、実験両面から進めている。主たる実用化対象はリチウムイオン電池、燃料電池の電極である。
  • 教授
  • 田中 賢一
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 画像工学,通信工学,物理計測,光学
  • 研究内容
  • これまで,一貫して,液晶ディスプレイ,ホログラフィックディスプレイ,プリンタなどの表示デバイスに関する研究を行っている.現在は,電子線ホログラフィによる3次元画像表示,プリンタの高画質化,偽造防止技術などについて研究を進めている.今後は,教育工学やIoT技術へのマルチメディア工学の応用などを進める方針である.
  • 教授
  • 石川 曉
  • 所属
  • 海洋・複合新技術部門, 産官学連携センタ、新技術創成研究所(海洋・複合新技術部門、海洋エネルギセンタ、AI応用研究センタ)、日本船舶海洋工学会
  • 研究分野
  • 船舶流体力学
    船体抵抗推進
    数値流体力学
  • 研究内容
  • 専門分野は船舶流体力学で、主たる研究テーマは「船舶の性能予測法ならびに省エネ船の開発」です。これまでの主な研究実績は、以下の通りです。
    1)新船型/省エネデバイス開発と同開発を支援するCFD技術の開発
     (対象)VLCC、バルクキャリア、LNC船、LPG船、コンテナ船、客船、RORO船、フェリー
          護衛艦、潜水艦、調査船、巡視船、水陸両用車 など 
    2)氷海技術:海洋構造物に及ぼす氷荷重の研究、北極海航路最適船の開発など。
    3)造船所の生産性向上に関する取り組み
     1)市場情報を踏まえたビジネスモデルの仮説立案と検証、
     2)製品の競争環境を大きく変えることが出来るキー技術、
     3)複数に製品・事業に適用可能なプラットフォーム技術の開発、
     4)製品の品質・コスト・納期を大きく改善するために必要となる技術の開発、
     5)工作現場で困っている課題を解決する技術の開発、
     6)製品の抱えるトラブルの本質的要因を解決策の構築、
     7)バリューチェーン(営業、設計、製造、調達、サービス等)における課題を解決する技術の開発 

    【最近の実施したあるいは実施中の共同研究】
    1)EEDI規制を踏まえた省エネ船型の性能検証と新しい優秀船型の設計法の検討(2018~2020)
    2)上五島石油備蓄基地における新型オイルフェンス膜材の検討(2018~2020)
    3)SEP台船の波浪中性能に関する研究(2019~2020)
    4)船舶安定運航装置の最適形状に関する研究(2019~)
    5)船尾波の尺度影響を考慮した最適船尾形状に関する研究(2019)
    6)洋上風車アクセス船の低動揺・低コスト化技術の開発と応用展開(2020)
  • 教授
  • 平子 廉
  • 所属
  • 環境・エネルギー部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • エネルギー・環境工学 BDF(バイオディーゼル燃料)を利用したディーゼル機関の燃焼研究 バイオメタンを利用したガソリンおよびディーゼル機関の燃焼研究
  • 研究内容
  • 低炭素化社会実現に向け,21世紀の課題である「持続可能型エネルギー利用」を目指すため,再生可能エネルギーを用いたエネルギ変換技術について研究を行う。自動車用を中心としたディーゼル機関やガソリン機関な どの内燃機関用の燃料として,従来の石油由来燃料の依存 から脱却するため,従来のインフラが使用可能な手軽な液 体燃料として利用が期待できる,植物油とバイオエタノー ルを使用して合成したBDF(バイオディーゼル燃料)などの再生可能燃料の使用拡大のための諸条件の最適化や信 頼性向上について研究する。
  • 教授
  • 日當 明男
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 無限次元システムの制御理論,Webによるデータベース活用に関する研究開発,システム制御に関する数学的基礎研究
  • 研究内容
  • 偏微分方程式で表現される制御対象は一般に無限次元システムと呼ばれる。無限次元システムに対する制御では,関数解析の理論を用いた研究が多い。この研究室では,関数解析を用いた理論的研究だけでなく,シミュレーションソフトを用いた理論検証も行う。
  • 教授
  • 劉 震
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 計算知能,ビッグデータとデータマイニング,意思決定支援システム,データウェアハウスとデータマイニングに関する研究,多属性意思決定法と意思決定支援システムに関する研究
  • 研究内容
  •  情報通信,特にインターネットの発達にともなって爆発的に増大した非構造化データを含む大量なデータを生み出す。このような膨大なデータの中に潜んでいる価値のある知識やルールを掘り出すデータマイニング方法とその応用研究を進んでいく。さらに処理効率を向上させるため,PCクラスターに基づいた高性能マイニングアルゴリズムや多次元データ表現の可視化技術やアクセス方法などを研究する。ウェブマイニングを用いてインターネット上の不良情報を発見する方法も研究する。また,多属性意思決定法と意思決定支援システムとその応用に関する課題も興味深く研究する。
  • 教授
  • 下島 真
  • 所属
  • 基礎科学部門, 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 高エネルギー物理学,データ収集/解析システムの開発・構築,素粒子物理実験用の新しい検出器の開発,高エネルギー物理実験 ATLAS実験
  • 研究内容
  • 高速ネットワークを用いた高エネルギー物理学実験データ収集装置・データ解析装置構築の研究を行なう。数台から数十台のPCを効率よく動かすために必要なネットワーク技術(例えばIPマルチキャストやQoS,ファイバーチャンネルを使った共有ファイルシステムなど)の基礎研究を行なう。最近,RFID/無線ICタグやZigBeeなどの無線通信機器を用いた組込みシステムの研究も始めている。
  • 教授
  • 本村 政勝
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 神経内科学,神経免疫学,自己免疫性神経筋接合部疾患の病態解明と治療法の開発
  • 研究内容
  • 重症筋無力症やLambert-Eaton筋無力症候群の臨床研究を行ないながら,「神経筋接合部から新しい標的抗原を発見することと画期的な治療法を開発すること」を目標としている。以下に最近の研究成果を述べる。重症筋無力症(myasthenia gravis : MG)は,神経筋接合部の形成や維持,または,神経筋伝達を担うタンパク質に対して病原性自己抗体が産生されることにより,刺激伝達が障害され,骨格筋の易疲労性・脱力をきたす自己抗体病である。病原性自己抗体の種類によって,I)アセチルコリン受容体(acetylcholine receptor ; AChR)抗体陽性MG、II)筋特異的受容体型チロシンリン酸化酵素(muscle-specifi c receptor tyrosine kinase ; MuSK)抗体陽性MG、およびIII)前述の抗体が検出されないdouble seronegative MGに分類されてきた。2011年,本邦から低密度リポ蛋白質(low-density lipoprotein : LDL)受容体関連蛋白質4(LDL-receptor related protein 4; Lrp4)に対する自己抗体が報告され,AChR/MuSK抗体に次ぐ第3番目の病原性自己抗体として注目されている。
  • 教授
  • 川添 薫
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 医用工学,臨床工学,医療用処置具・内視鏡治療器具に関する研究開発,内視鏡保管庫用プラズマクラスター除菌消臭発生装置の開発,経鼻内視鏡用前処置具の開発と検証,輸液ライン小気泡除去に関する研究,手術前自動手指洗浄装置の研究開発
  • 研究内容
  • 医用工学は,医療に工学的な理論や技術手法を導入することにより,その科学化を図る学問として,医療における広い分野で応用できることから,近年急速な発展を遂げている。医療機器の開発過程においての,定量性,客観性,再現性,計画性,予測性を考慮し,医学と工学の両面から医療に必要となる新たな機器を創造し,開発に必要な基礎的内容を含む教育と研究を行っている。
  • 教授
  • 清山 浩司
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 電子工学,視覚情報処理システムと三次元集積化技術に関する研究,医用電子システムに関する研究
  • 研究内容
  •  バイタル信号モニタリングや神経刺激など埋め込み型医療器は,小型,低電力回路の開発により向上している。ここでは,これらのシステムに用いられるアナログ・デジタル混載LSIの設計,信号処理および計測技術に関する研究を行っている。

PAGE TOP