研究員

研究所全員
  • 客員教授
  • 関屋 大雄
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 千葉大学大学院工学研究院 教授
  • 研究分野
  • パワーエレクトロニクス・無線通信方式
  • 研究内容
  • パワーエレクトロニクス、特に高周波数動作におけるソフトスイッチング技術について研究を進めている。近年では、無線給電システムの開発に興味をもっている。
    さらに、無線通信方式に関するシステム解析を行っており、無線マルチホップネットワークや、WLANの数理モデル構築を進めている。
  • 客員教授
  • 三明 康郎
  • 所属
  • 基礎科学部門,
  • 研究分野
  • 研究内容
  • 客員研究員
  • 志垣 賢太
  • 所属
  • 基礎科学部門, 広島大学大学院理学研究科物理科学専攻
  • 研究分野
  • 高エネルギー原子核物理実験、粒子検出器、粒子加速器
  • 研究内容
  • CERN(欧州合同原子核研究機構)LHC 加速器を舞台とする国際共同物理学実験研究 ALICE において、ビッグバン直後の宇宙を満たした物質状態である超高温クォーク・グルーオン多体系の性質を探求し、宇宙創成のシナリオ完成に実験的に迫る。特に宇宙初期に失われた対称性の回復現象を探索し、「ものの重さ」の起源を探求する。電子やミュー粒子などのレプトン測定技術を開発推進する。
  • 客員研究員
  • 薄田 篤生
  • 所属
  • 環境・エネルギー部門, 三菱長崎機工(株)
  • 研究分野
  • 研究内容
  • 客員研究員
  • 下高 敏彰
  • 所属
  • 環境・エネルギー部門, 新技術創成研究所
  • 研究分野
  • 研究内容
  • 下水汚泥残渣の肥料化と燃料化、発酵処理システムの取り組み他
  • 客員研究員
  • 古川 雄大
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 福岡大学工学部電子情報工学科 エネルギーエレクトロニクス研究
  • 研究分野
  • 研究内容
  • パワーエレクトロニクスに関する研究
  • 客員研究員
  • 宮城 彰平
  • 所属
  • 環境・エネルギー部門, バイオマスエナジー(株)
  • 研究分野
  • 熱工学、環境工学
  • 研究内容
  • 再生可能エネルギーであるバイオマスを熱化学的手法によってガス化する手法について、基礎的試験からプラント化技術までの諸課題についての開発を実施している。
  • 客員研究員
  • 石橋 康弘
  • 所属
  • 環境・エネルギー部門, 熊本県立大学 環境共生学部 環境資源学科
  • 研究分野
  • 環境改善技術およびバイオマスエネルギー変換技術に関する研究
  • 研究内容
  • -
  • 客員研究員
  • 横井 聖宏
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 筑波技術大学 産業技術学部 助教
  • 研究分野
  • 感性評価
  • 研究内容
  • デザインは必ずそれを受け取る相手のことを先に考えなくてはならないという点で,個人的な意思表現が動機となるファインアートとは異なる。そのためデザインの価値は受け手に認められて初めて評価される。そこで我々は感性科学の視点から,情報,製品,環境など多岐にわたるデザインを科学的に評価・分析し,より良いデザインに応用可能な知見を得るための研究を行っている。
  • 客員研究員
  • 中村 克也
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 電気電子情報部門、NAC Inc.、テルモ開発部長(2015年3月まで)
  • 研究分野
  • 医療関連機器、医療ソフトウエア、医療機器の品質保証
  • 研究内容
  • 人工心肺等高度管理医療機器開発および開発手法の研究。
    近距離通信機能を持った医療デバイスの研究開発。
    米国、欧州、日本の医療機規制に関する研究。
    医療ソフトウェア品質管理システム構築とその品質保証に関する研究。
  • 客員研究員
  • 鈴木 孝
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 住友電装株式会社
  • 研究分野
  • 車載ECUソフトウェアの開発手法
  • 研究内容
  • モデルベース開発手法による車載システム開発の効率化
  • 客員研究員
  • 丸田 英徳
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 長崎大学大学院工学研究科
  • 研究分野
  • スイッチング電源のためのディジタル制御、信号処理
  • 研究内容
  • スイッチング電源は、多くの分野で用いられており、様々な目的に応じたディジ タル制御の研究を行っている。
    特にディジタルにしか出来ない知的制御などに取り組んでいる。

PAGE TOP