研究員

研究所全員
  • 所長・ 教授
  • 田中 義人
  • 所属
  • 基礎科学部門, 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • IoTおよび組込みシステム,集積回路システム,計測物理学,電力エネルギー・医療分野におけるICT融合化技術に関する研究, ICT街づくり, 高エネルギー物理実験 ALICE実験
  • 研究内容
  • 無線通信,組込みシステム,集積システム,ICT技術をエネルギー分野,スマートウェルネス分野,IoT分野で応用する研究開発を行っている。これまで,素粒子,原子核物理分野では,集積回路やフロントエンドエレクトロニクスの開発を行ってきた。現在,CERNにおけるALICE実験に参加し,次世代データ収集システムの開発を協力している。緑の知の拠点事業など各種大型プロジェクトの代表を務めてきた。
  • 部門長・ 教授
  • 大場 和彦
  • 所属
  • 環境・エネルギー部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 園芸環境工学 農業気象学,農耕地生態系内の物質循環に関する研究,メタン発酵消化液残渣の農業分野への利用技術に関する研究,バイオマス資源のエネルギー変換技術に関する研究,耕作放棄地に新規導入作物の適地性評価に関する基礎的研究
  • 研究内容
  • 長崎県は耕作放棄地が多く,地域の活性化が減退している状況下にある。そのため,その農耕地を利用してバイオマス資源作物を栽培し,カーボンオフセット農業に起因するバイオマスエネルギー基地を産出するため,バイオマス資源作物の高収量生産に関する栽培試験及び土地生産力向上に向けた地力維持の探求を図る。
  • 部門長・ 教授
  • 松井 信正
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • スマートグリッド,エネルギーマネージメント,電力制御
  • 研究内容
  • スマートグリッドとは,経済性向上図りながら、CO2排出量の削減などの環境保全を行い,かつ,電力安定の同時達成を目指した技術である。
    そのために,化石燃料由来の発電システム、環境に優しいグリーンエネルギーデバイス,さらにICT技術を融合させたエネルギーマネージメントの研究を行っている。
    この研究を,発電・送電網の大規模グリッド,ビル(BEMS)や工場(FEMS)のマイクログリッド,さらに住宅地域や家庭内(HEMS)に適用し,来るべきスマート社会を目指している。
  • 部門長・ 教授
  • 野瀬 幹夫
  • 所属
  • 海洋・複合新技術部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 構造システム,構造解析,波浪中における横断面の反りを考慮した縦の全体強度理論および実用化システムに関する研究,グラフ理論による構造解析用実用化システム概念の構築に関する研究,造船3D-CADを用いた迅速な初期構造設計システムに関する研究,高速翼走をめざした人力水中翼船の研究開発
  • 研究内容
  • 最近,船舶などの大型構造物の初期計画や概念設計の段階において,多くの構造の設計候補案から短期間に,高精度に低コスト,簡便で最適な設計が求められている。この設計段階に常に有限要素法による大規模な構造解析を用いて設計を行うことは容易ではない。そこで,板・骨構造物や薄板構造物の初期計画・設計に必要とされる簡便で高精度な構造解析ならびに新しい概念を導入した構造解析の実用化システムの考え方や手法について研究する。
  • 部門長・ 教授
  • 大山 健
  • 所属
  • 基礎科学部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 素粒子・原子核物理,計測技術,計算機科学,高エネルギー物理実験 ATLAS実験
  • 研究内容
  • 量子色力学によれば,通常の物質のもととなるハドロンは,超高温(~150MeV)ではクォークやグルーオンが閉じ込めから開放され,自由に振る舞うような極限物質「クォーク・グルーオン・プラズマ(QGP)」に相転移すると予測されている。宇宙初期状態も同様の状態であったと考えられる。本研究では,CERN(欧州合同原子核研究機構)にあるLHC(大型ハドロンコライダー)のALICE実験に参加し,原子核同士を準光速で衝突させQGP生成を行い,その性質を測定する。大規模物理学実験においては,高度な計測技術と電子回路技術,および情報処理技術が欠かせない。FPGA,CPU,ネットワーク技術を駆使することで,検出器からの毎秒1テラバイトを超えるビッグデータを処理可能な高度計算システム(HPC)を開発し,QGPの測定を目指す。
  • 副部門長・ 教授
  • 黒田 勝彦
  • 所属
  • 海洋・複合新技術部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 振動音響工学,統計的エネルギー解析法またはエネルギーフローモデルを用いた振動・騒音源の同定および低減方法に関する研究,伝達経路解析を用いた入力同定と伝達寄与に関する研究,実稼動伝達経路解析を援用したヘルスモニタリングへの応用に関する研究,有限要素法を用いた振動騒音解析,楽器の音響特性を実現する構造特性に関する研究,振動・騒音の診断技術に関する研究
  • 研究内容
  • 近年,エネルギー問題に対する産業界の一つの取り組み として,機械製品の小型軽量化が挙げられる。しかし,薄 板構造とすることで,従来よりも高周波の振動・騒音問題 が発生する傾向にある。そこで,中高周波数の振動・騒音 問題に有効な,エネルギーを変数とした解析手法により, 1振動・騒音源の同定に関する研究,2振動・騒音の低減 方法に関する研究,3振動・騒音の診断技術への展開,に ついて検討を進めている。
  • 副部門長・ 教授
  • 加藤 貴
  • 所属
  • 基礎科学部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 分子電子工学,物性物理学,理論化学,量子化学,物性物理学
  • 研究内容
  • 高機能電子デバイスの研究開発実現を目指す上で理解が不可欠な物性(電気伝導性,磁性,光物性,超伝導性)を解析する等,幅広く物性物理学の研究を行っている。例えば超伝導体とは一般に非常に低温で電気抵抗がゼロになる物質である。室温での実用化のための高温超伝導体の開発を目指した研究は,その学術的な視点のみならず社会にも及ぼしうる重要性から,世界中で活発に行われているが,室温での実用化は未だに実現されていない。この背景により,ナノサイズ分子性物質を中心に,超伝導性発現機構の解明あるいは高温超伝導の設計指針の提案を目標とした教育・研究を行っている。
  • 副部門長・ 准教授
  • 蒲原 新一
  • 所属
  • 環境・エネルギー部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 環境情報学 環境マネジメント,環境情報データの収集と可視化に関する研究,持続可能な開発にかかわる評価システムに関する研究
  • 研究内容
  • 持続可能で豊かな社会へ向けて,持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development; ESD) を実践していくための環境や市民参加の枠組みの構築およびその支援に取り組んでいる。その過程において,観察に より知見を得ること,そして量的および質的な情報を獲得 することにより解釈や評価手法について研究を進める。
  • 副部門長・ 准教授
  • 佐藤 雅紀
  • 所属
  • 電気電子情報部門, 長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • ロボット工学,移動ロボットの開発および運動制御に関する研究,神経回路網を模倣した制御機構に関する研究
  • 研究内容
  • 様々な環境において活動するロボットを開発し,人間社会において運用することを目指す。例えば,海洋資源の探査が注目されているが,水中における作業は人間にとって危険な作業の一つである。そこで自律型水中ロボット(AUVs)が人間の代わりに作業することが期待されている。そのためには,故障しにくいハードウェアや計測装置,様々な状況に対応できる制御システムが求められる。また,混雑した場所においてロボットを運用するためには,ナビゲーションシステムだけでなく,人間に危害を加えないための安全性についても考えなくてはならない。
  • 特命教授
  • 池上 国広
  • 所属
  • 海洋・複合新技術部門, 特命教授
  • 研究分野
  • 船舶・海洋流体力学,多連結浮体システムの研究開発,海洋エネルギー利用技術の研究開発,浮体係留装置の研究開発
  • 研究内容
  • 各種海洋構造物・海洋機器の計画・設計には,流体工学的な性能の解析・評価が不可欠である。係留系の影響まで含めた波浪中におけるそれらの種々の応答特性を,理論的あるいは実験的に推定する手法を研究するとともに,その手法を用いて,性能的に優れた新しい海洋構造物を検討し,その成立性の評価を行う。
  • 特命教授
  • 村上 信明
  • 所属
  • 環境・エネルギー部門, 新技術創成研究所
  • 研究分野
  • 環境・エネルギー工学
  • 研究内容
  • エネルギー・環境問題は、21世紀に人類が共通して取り組むべき共通課題であり、再生可能エネルギーである草木系バイオマスの有効利用は、その有力な選択肢の一つである。バイオマスのガス化技術を中核とした高効率転換技術、および生成ガスのガスエンジン発電、またメタノールなどの液体燃料への利用技術について実験を含む基礎的研究、および実用化にあたっての諸課題解決のための開発研究に取り組んでいる。
  • 特命教授
  • 濱垣 秀樹
  • 所属
  • 基礎科学部門, 量子計測科学寄付研究部門,長崎総合科学大学大学院
  • 研究分野
  • 高エネルギー原子核物理実験、量子計測技術
  • 研究内容
  • この宇宙における通常物質の大部分はハドロンと総称されるものからなる。
    陽子や中性子もその一員であるハドロンはクォークを構成要素とする複合粒子である。
    基本粒子のひとつであるクォークは、グルーオンを媒介子として強い力により結びついている。ちなみに、強い力を記述するのが(4つの)基本相互作用の一つである量子色力学である。
    通常の状態ではハドロン中に固く閉じ込められているクォークであるが、超高温(2兆度ほど)状態において、相転移(QCD相転移)によって閉じ込めから開放されることが予想されている。そのような新しい物質状態をクォーク・グルーオン・プラズマ(QGP)と呼ぶ。
    そのような極端条件を実験室において実現するためのユニークな方法が、高いエネルギーに加速した重いイオン(金、鉛等を正面衝突されることで、そのような研究が欧州CERN研究所LHC加速器を用いて行なわれている。
    本研究部門は、LHC加速器のALICE実験において、QCD相転移及びクォーク・グルーオン・プラズマ状態の物性を高精度で調べる研究を展開する。さ て、このような研究を先進的に展開するためには、最新鋭の検出器、高速データ取得システム、取得データの高速処理のためのハードウエア及びソフトウエアについての開発が欠かせない。本研究部門では、最新鋭の光量子検出器の基礎的開発・データ処理技術開発を軸に研究を進める。
    これらの研究から得られるであろう成果は、基礎科学研究ばかりでなく、実社会における、例えば非破壊検査等への技術応用が可能であると考えられており、実用化を重要な課題として研究を展開する。

PAGE TOP